湯前町トップへ

予防接種について

最終更新日:

湯前町の予防接種

各予防接種の詳細については以下をクリックしてください。

子どもの予防接種
定期予防接種
(ヒブ、小児の肺炎球菌、B型肝炎、ロタ、四種混合、BCG、麻しん風しん、水痘、日本脳炎、二種混合、子宮頸がん)
任意予防接種

風しんの追加的対策事業(第5期定期接種)
(昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までに生まれた男性が対象)

先天性風しん症候群対策事業
(妊娠を希望されている女性、妊娠を希望されている女性のパートナー及び同居家族、妊婦のパートナー及び同居の家族が対象)

高齢者の肺炎球菌予防接種

高齢者のインフルエンザ予防接種

湯前町協力医療機関(子どもの予防接種)
 (湯前町が定期予防接種の委託をしている医療機関です)



 

子どもの予防接種

  お子さまの健康を守る予防接種を受けましょう
 予防接種はお子さんの病気を予防し、健康を守るうえで大切なものです。湯前町では予防接種法に基づき、定期予防接種を実施しています。予防接種の効果や副反応について、お渡ししております「予防接種と子どもの健康」を読み、よく理解したうえで、決められた対象年齢、方法を守って接種しましょう。

定期予防接種
 定期の予防接種には、対象年齢があります。対象年齢を過ぎると無料で接種できなくなります。ご注意ください。

任意予防接種
 おたふくかぜワクチンの接種費用を一部助成します!
【おたふくかぜについて】
 おたふくかぜはムンプスウイルスを吸い込んだり、ウイルスのついた手で口や鼻を触ることで感染する、発熱と耳下腺のはれを特徴とする病気です。
 合併症として髄膜炎・脳症・難聴・精巣炎・卵巣炎があります。
 ワクチン接種でおたふくかぜ感染の予防や発症された方の多くは軽い症状で済んでいます。

【対象者】
 接種日に町内に住所がある小学校就学前までの方

【助成回数】
 1人につき2回まで

【助成金額】
 1回につき6,160円を上限
     (接種費が上限額を下回る場合は接種費)

【助成までの流れ】
 1 「湯前町おたふくかぜワクチン予防接種同意書」の提出
 2 1を提出後、「湯前町おたふくかぜワクチン予防接種費用助成金交付申請書兼請求書」をお渡ししします。
 3 予防接種後、2と予防接種費用を証する領収書を提出
 4 振込

 各予防接種の詳細についてはこちら別ウィンドウで開きます(外部リンク)をクリックしてください。

  • 子ども注射




 

風しんの追加的対策事業(第5期定期接種)

 これまで公的な風しんの予防接種を受ける機会がなかった世代の男性を対象に、令和元年度より令和3年3月31日まで風しん抗体検査・予防接種を無料で受けられます。

【対象者】
 昭和37年4月2日~昭和54年4月1日生の男性
 昭和47年4月2日~昭和54年4月1日生まれの方で未接種の方と昭和37年4月2日~昭和47年4月1日生まれの方へ令和2年3月に無料クーポン券を送付いたしました。
 クーポン券を紛失された場合は、再発行いたしますので、事前に連絡をされお越しください。

【実施内容】
 風しんの抗体価を調べるために、抗体検査を必ず行います。
 抗体検査の結果、十分な風しん抗体がない方に予防接種を行います。

【費用】
 抗体検査・予防接種ともに無料です。*クーポン券が必要です。

【受診可能機関】
 ・全国の指定医療機関(以下の厚生労働省ホームページをご覧ください。)
  クーポン券を使用できる医療機関のリスト別ウィンドウで開きます(外部リンク)
 ・湯前町集団健診(12/16~18)
 ・職場健診(職場の健診によっては、抗体検査が受診できない場合があります。上記厚生労働省ホームページで確認できます。)

 ☆お願い☆ 受診する場合は必ず予約が必要です。

【必要なもの】
 ・無料クーポン券(風しん抗体検査・予防接種)
 ・本人確認書類(運転免許証・保険証・マイナンバーカードなど現住所が確認できるもの)
 ・予防接種をされる場合は陰性の抗体検査の結果

【クーポン券が届いたら】
 1 風しんへの抵抗力があるかチェックするため、まずは抗体検査クーポン券を使用して抗体検査を受けましょう。
 2 風しんへの抵抗力(抗体)がないことが分かった場合、予防接種クーポン券を使用して予防接種を受けましょう。

【注意事項】
 ・転出した場合は、湯前町で発行したクーポン券は、使用できません。住民票のある市町村からクーポン券の再発行を受ける必要があります。

  • 男性注射



 

先天性風しん症候群対策事業

【風しんについて】
 風しんウイルスに感染すると、約2~3週間の潜伏期間の後、発しん、発熱、首のうしろのリンパ節が腫れるなどの症状が現れます。また、せき、鼻汁、目が赤くなる(眼球結膜の充血)などの症状が見られることもあります。
 妊娠中の女性が風しんに感染すると、お腹の赤ちゃんにも感染し、耳が聞こえにくい、目が見えにくい、心臓に異常があるといった「先天性風しん症候群」になる可能性があります。

【目的】
 「先天性風しん症候群」の発生を予防するため、「湯前町先天性風しん症候群対策事業」として風しん等予防接種を実施しています。

【対象者】
 19歳以上の湯前町民で、
 1 妊娠を希望している女性
 2 妊娠を希望又は妊娠している女性の配偶者などの同居者(生活空間を同一にする頻度が高い者)
 3 海外等で風しんが流行している地域へ渡航する機会のある者

【費用】
 無料

【助成までの流れ】
 1 申請書を保健センターへ提出
 2 交付決定と共に予診票が届く
 3 町と委託契約した指定医療機関へ予約をし、接種
 
【指定医療機関】
 そのだ医院

 

  • 女性注射


            



 

高齢者の肺炎球菌予防接種

 肺炎は死因の上位に入ってきており、一般的に、肺炎のうち1/4から1/3は肺炎球菌によるものと考えられています。
 高齢者の肺炎球菌ワクチンは、肺炎の罹患や重症化に対する予防効果が期待されます。

【対象者】
 湯前町民で、過去に1度も高齢者肺炎球菌ワクチンを接種したことがなく、次のいずれかに該当する方
 *対象者には令和2年4月に申込書を送付しております。

令和2年度の対象者
 対象年齢  生年月日
 65歳 昭和30年4月2日~昭和31年4月1日生
 70歳 昭和25年4月2日~昭和26年4月1日生
 75歳 昭和20年4月2日~昭和21年4月1日生
 80歳 昭和15年4月2日~昭和16年4月1日生
 85歳 昭和10年4月2日~昭和11年4月1日生
 90歳 昭和 5年4月2日~昭和 6年4月1日生
 95歳 大正14年4月2日~大正15年4月1日生
 100歳 大正 9年4月2日~大正10年4月1日生


【接種期間】
 令和2年4月1日~令和3年3月31日

【費用】
 自己負担金 2,700円

【申し込み方法】
 申込書を保健センターへ提出(FAX・郵送でも可)


 

高齢者のインフルエンザ予防接種

【インフルエンザについて】
 ウイルス感染によって起こります。くしゃみや咳によってウイルスが空気中に広がり、それを吸い込んだ人が感染します。

【対象者】
 湯前町民で、
 1 昭和30年10月31日以前生まれの方
 2 満60歳以上65歳未満の方であって、心臓、腎臓、呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に身体障害1級相当の障がいのある方

【費用】
 ・集団接種の方:1,000円
 ・かかりつけ医で接種される方:1,500円
  (*要介護状態や入院などで集団接種ができない方が対象)

【集団接種の方:集団接種日程】     場所:湯前町保健センター
   13:00 13:30
 ①11月 2日(月曜日) 上村 下染田
 ②11月 6日(金曜日)  下村 上里2・美空
 ③11月 9日(月曜日) 浅鹿野 瀬戸口
 ④11月  13日(金曜日) 古城 上染田・桜の里
 ⑤11月  16日(月曜日) 野中田3 中里1・中里2
 ⑥11月  19日(木曜日) 野中田2 田上
 ⑦11月  20日(金曜日) 下里・植木 下城
 ⑧11月  24日(火曜日) 馬場 上里1
 ⑨11月  30日(月曜日) 上里3 浜川
 ⑩12月 4日(金曜日) 上猪・中猪 野中田1


【かかりつけ医で接種される方:助成までの流れ】
 1 「かかりつけ医」にて自費で接種(各医療機関備え付けの予診票を利用)
 2 送付した請求書に口座番号等記入(請求者の印鑑お忘れなく!)
 3 領収書を添付して保健センターへ提出
    締め切り 12月28日(月曜日)
   自費から1,500円引いた分を口座に振り込みます。

  • 高齢者注射



 

湯前町協力医療機関(子どもの予防接種)


  • 病院







このページに関する
お問い合わせは
(ID:1876)

心豊かで、活力があり、未来を創造する町

湯前町役場
(法人番号:2000020435066)

〒868-0621  熊本県球磨郡湯前町1989-1
Tel:0966-43-41110966-43-4111   Fax:0966-43-3013  
開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時15分まで(祝日・休日・年末年始を除く)

湯前町マップ
ゆっくん
©2020 Yunomae Town. All rights reserved